<< 「ジュエルちゃん」 | main | ちょっとだけよ〜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

ひとり言

今日はお酒でも飲みながら

ひとり言を聞いてもらえるかな。

協会によって「繁殖犬ボランティア」のお仕事は違うと思うのですが

こちらでは、繁殖犬はボランティアさんの自宅で出産し、基本全頭55日間お世話をします。

かなり集中しての体力勝負になりますね。

家族の協力は必須です。。

か、独身の方もいいかなあ。

だいたい、1歳後半からだいたい8歳ぐらいまで出産します。

パピーが雪のある時期に訓練することを考え、

出産する時期もある一定の時期に集中します。

パピーウォーカーの一年という短期のボランティアと違って

7年という長い歳月のボランティアになります。

つまり、20歳から始めると、27歳になっているわけです。

ん?あまり変わらない?

40歳からだと47歳

50歳からだと57歳

60歳からだと67歳・・・・・

90歳だと97歳
(これはありえないですかね〜)

(おっとと〜)

7年という歳月は、

家族環境も変わり、いろんな状況もかわります。

もちろん、自分の健康の変化もあります。

「一生繁殖犬をみることができなければ、

繁殖犬ボランティアをしてはいけない、繁殖犬が可哀想」

という考えのかたもいるでしょう。

でもね〜、7年という長い間にどうなるのかなんて、わからないじゃないですか〜。

そして、あくまでも、協会の繁殖犬を預かっているボランティアです。

が、一般の自分で飼った犬は、違いますよ。

最後までみるのは、当たり前だし、そうしなくちゃ可哀想です。

酔いが回って、ちょっと言いたいことがうまく伝えられないのですが、

いろんな事情で繁殖犬ボランティアを出来なくなった場合は

非難の言葉ではなく

「お疲れ様でした」という暖かい言葉をかけてあげれたら・・・

そして、かけてもらいたいですね。

一番辛いのは、ボランティアさんですもの。

私もカレンが繁殖犬を引退した時は

そのままいけば老犬ボランティアに移行することになるけど

老犬ボランティアをするかは、

自分のその時の状況になってみないとわからないですね〜。



あ〜、酔ってしまいましたよ。。。。
posted by: lovedog | 北海道盲導犬協会 繁殖犬 | 17:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:02 | - | - | - | - |
コメント
 
2012/04/08 4:33 PM
Posted by: 智
なんだか一緒に飲みながら「そう、7年は長い。長いよねー。でもね・・」なーんて、おしゃべりしている気分になれました♪
2012/04/10 11:48 PM
Posted by: lovedog
智さんへ
 私と一緒にお話を聞いてくださりありがとうございます。
 飲み過ぎちゃいますね。
さあ、智さん、カラオケにいきましょう!!









トラックバック
 
http://whitepinkrose.jugem.jp/trackback/596