<< 憎き雨!! | main | お疲れ様でした! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

ボランティア その1

 私はもうちょっとだけ若い時

〇〇国際センターに勤めていた時があって。

というと、英語が堪能、ペラペラじゃないの?って思われがちですが、

英語は大好きだけど、まったく話せない!

でも、英語がとっても堪能なお友達がとっても褒めてくれた言葉。

「このことを話したい!そんなことを伝えたい!って気持ちは英語を操る人より、大切だし、重要!

言葉はただの道具であるって。そういうことができることが羨ましいって。

つまり、英語が話せるより、私のジェスチャーのほうが面白い・・・

いや、大切らしい。笑


私の初めてのボランティアは、実はホームスティです。

最初は子供も小学校高学年だったので同じぐらいの年齢のアメリカから来た2人

いろんなことがあったけど、

最後にはとっても懐いてくれて、

アメリカにいるお母さんとお話してほしいと頼まれ、

お電話でお話するはめに。

これは正直参りました。

だって、お電話じゃ・・・・表情、ジェスチャーが見えないじゃないですか。。。笑

そしてお別れの日はお互い泣いてしまったっけ。

それから・・・・中学生、成人の方など、ホームステイしたけど、

この時もとっても楽しいボランティアの時間を過ごしましたっけ。

でも、相変わらず英語は苦手です。。。




posted by: lovedog | ホームスティ | 21:40 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 21:40 | - | - | - | - |
コメント
 
2010/08/10 1:53 PM
Posted by: さくらママ
まっ!!
素晴らしいボランティアをされてたんですね!
びっくりだわ!!
英語が話せないなんてウッソ〜!
ほんとはペラッぺラなんでしょ?
すごいなぁ〜すごいなぁ〜
私なんて日本語も舌噛みながらやっと話してるのに〜(笑)
最近はHello♪ だけ覚えましたょ!o´艸`)

でもほんと素晴らしい!
これからはlovedogさんを尊敬のマナコで見つめますわ♪

2010/08/11 7:03 AM
Posted by: ベニー母
国際的なボランティアをしていたんですね!?
年頃の難しい子供達を受け入れていたなんて、素晴らしいです〜。是非、我が家の子供達をそちらにホームステイさせたいです(笑)。
英語は私も苦手です。。。未だに、知らない人を二人きりになると、何を話そうかな、と考える事もあります。それに日本に着陸した途端に、あ〜〜〜、頭の中で英語に直さなくってもいいんだ〜、という喜びで一杯になるほど、英語が苦手です。
2010/08/11 11:28 PM
Posted by: lovedog
さくらママさんへ
 もう、ペラペラです、日本語が!
人間もペラッペラです。

まあ、さくらママさんの日本語は誰もついていけないくらい流暢ですよ。早すぎて、さくらママさんが宇宙人に見えてしまうこともあります!
尊敬のナマコで今まで見てくれていたと思ってましたあ。。笑
ジェスチャー伝授しますよ。手取り足取り・・・?!
2010/08/11 11:35 PM
Posted by: lovedog
ベニー母さんへ
 いつでも、ベニー家のお子さんを引き受けますよ。ただし、子供用のバスルームはないので、そこを十分お伝えくださいませ。
私は今日本語を忘れそうです。
あっ、それはただのど忘れじゃなく、ボケてきたようです。
非常に危険な状態です。笑
2010/08/12 8:55 PM
Posted by: Loveママ
まあlovedogさんは素敵なボランティアされていたのですね。
私も独身の時、国際センタービルに
勤めてました。
でも英語はダメです。
たまに英語の電話、必死で、喋ったこと思い出します。
喋ったと言うか、イエス、ノー、ハロー
くらいです。(爆)
ジャスチェーですね。
確かに電話は見えないものね。
でも喋れたのですね。
きっとそうよ。
2010/08/13 9:13 PM
Posted by: lovedog
loveママさんへ
 そうなんですか!!
きっと、ペラペラなのでしょうね。羨ましい!!
お会いできる日がありましたら、英語で会話ですね。
 きっと、lovedogさんって無口ですね〜っていう印象をもたれると思います!笑
英語で会話すると、筋肉痛になります!ジェスチャーですからね〜。









トラックバック
 
http://whitepinkrose.jugem.jp/trackback/301