<< 防災グッズ | main | トイトイトイ >>

ナガサキカフェのオーナーさん

ナガサキカフェのオーナーさんの事が
北海道新聞に掲載されてましたね。
オーナーさんは、元北海道盲導犬協会の元訓練士さんです。


このカフェで、時々介助犬「ファーガス号」をお見かけします。

ファーガス号のユーザーさんは、障害を持って途方に暮れていた時に介助犬を勧めてくれたのが、ここのオーナーさん長崎さんだったそうです。

ファーガス号とユーザーさんの生活を支える「ファーガス基金」を立ち上げました。

私達も、少しでもお役に立てばとカフェにいけば、少しですが募金をさせてもらっています。

最初は介助犬を持つ事を躊躇したユーザーさんは、今は、障害者、健康者が垣根を超えて暮らせる社会作りに向けて、出来ることからやっていきたいそうです。



社会から働くわんちゃんを受け入れてもらえるよう躾は大切!
そこで、
全員で待て!


委託中のパピーのみの待て!。笑



訓練中ですからね〜成果はあとでついてくる、ということで。


貫禄ある繁殖犬達のみの待て!

さすが!余裕、余裕!

で、これから期待される若手の繁殖犬


そして、
とっても幸せなキャリアチェンジ犬達の待て!

躾はきちんとされています。


あらら〜ボランティアさん、お財布忘れて慌てている様子をじーーっと心配そうに見ていますよ〜

「大丈夫でちゅか?」笑
posted by: lovedog | - | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 09:36 | - | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://whitepinkrose.jugem.jp/trackback/1829