パリ旅行記 犬編

最終章

期待が高まる(高まっていないって〜)犬編でしめくくらせてもらいます。

自分の行きたいところに行ける旅行は・・・・

足が疲れます。笑

地下鉄、鉄道などを利用して移動したので。

キップを買うのも一苦労


なかなか難しくて四苦八苦してるところへ

スペイン人の方が助けてくれたのですが、

やはり英語、フランス語がわからず、スペイン語で操作して

ようやく手にいれたのがこの切符!涙

乗るのも大変でした。


私達が泊まったホテルの近くにヴァンドーム広場があり

その中にダイアナ元英国皇太子妃が最後の食事をとった高級ホテル「リッツ」


さてさてルーブル美術館で見かけたわんちゃんがこれ!

昔から犬の存在は大きかったのでしょうね。

そして、

盲導犬がいました。

まさか、パリで盲導犬に会えるなんて!!

たくさんの人がいる中、お仕事を遂行してました。


朝から行動をしていたので、朝の公園で見かけたのは

ジョキングしてる人と犬のお散歩をしてる人でいっぱいでした。

そこには、柴犬もいましたね〜。


夕方になると

ここで家族づれの人たちが夕食後のお散歩をしています。

心の余裕が感じられます。


ここはコンコルド広場

ルイ16世、マリーアントワネットが処刑された場所。

と、写真を撮ってると

モデルが。

ほーーーー、身長200センチはありますかね〜。

足が長ーーーーーーーーーい!!

けっして私ではありませんからね。
(間違える人いないです!!!)


シャンゼリゼ大通りからみた凱旋門




階段284段かエレベーターで上に登ることができます



エッフェル塔

先が写ってません!!笑

この上には高級レストランがある!ようです。

下はなんだか怪しい人達でいっぱいです。

花なんか渡されたら、大変!!

ミサンガなんか手にはめられたら、大変!

料金を請求されてしまいます。

ある外国人の女性が渡された花を返そうとしてもできないという場面が。

警察もいっぱい。

警察がいるから、大丈夫!ではなく、危ないから、警察がいるってことですよね。


ペットショップを優先したので時間がなく、

さらりと見たノートルダム大聖堂

が、そのペットショップの御写真を撮るのを忘れた悲しい瞬間!!

レジでは、わんちゃん自慢をする(たぶん)お客さんに

輪をかけて、喋る店員さん!

だから、レジの前はお客さんのなが〜い行列。

フランスらしい情景。


さてさて、犬編でした!犬編でした!

ベルサイユの庭園は犬はOKです。

だから、いっぱいのわんちゃんに会えました。

いろんなところを歩きました。



セーヌ川にかかっているこの鍵

実は永遠の愛を誓った恋人たちがつけていくようです。


パリのペット事情は詳しくはわかりませんが

うんち被害のことは、昔からひどいと聞いていました。

罰金ということも聞いてました。

パリは石畳と公園の緑でして・・・・

とにかくうんちが落ちてます。

ですから、公園の芝の中はほとんど歩いていません。

なんせ靴一足しか持っていきませんでしたから。

パリ中心の石畳を歩いていても、

場所を探して上を見てる夫に

「うんち!!!!!」と叫ぶのが下ばかり見てる私の役目でした。

こんな可愛い信号機があっても

下を気をつけねばなりません。


うんちをひろってこのゴミ袋に捨てていく人をみました。

清掃車がとにかく通ってました。


前にミラノに行ったことがあるのですが、

大きなわんちゃんがノーリードで街を歩いていて

カフェにも当たり前のように入っていって(ノーリードですよ!!)

それが、どの子も!!

いろんなお店に!!

が、うんちがひとつも落ちてない!!


う〜ん、とっても素敵なパリなのに・・・「うんち」を拾いましょうよ。


犬編といってもなかなかいい味が出ませんでしたが、

自由に見て回った旅行でした。

いつもだと、地図とにらめっこして

迷子になったり

行きたい場所の半分しか行けなかったりと珍道中の旅でしたが

この世の中すごいスピードで便利なのが出来ています。

とっても助けられたのがこれ!


自分達のいる場所がわかり、

行く場所を入力しておくとどのようにいけるか表示されます。

が、充電はしっかりしないと怖いことになりますので要注意!

そして、夫のある程度の英語

まったく、用を足さなかったのは電子辞書と・・・私の英語もどきでした。笑

本当にあっという間の1週間でした。

いろんな人に会い

いろんなものに触れ

いろんなものを肌で感じ

いろんなものを聞き

いろんなものを食べました。

フランスの良さを知り

そして同時に日本の良さも知ることになりました。

フランスは世界遺産がいっぱいあり

みどころがあり過ぎて、パリ中心で行動しました。

次回はモンサンミシェルにも行ってみたいなあ。

パリよ、ありがとう、そしてまた会う日まで。




帰ってきたら、異常に喜ぶサンとカレン!

可愛いなあ!!





 
posted by: lovedog | パリ | 21:05 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

パリ旅行記 食事編

大変困ったのは・・・・・・食事でした。

英語が通じるところもあるけど

やはり通じないところが多いかなあ。

子供からフランス語電子辞書を借りてきたけど、歯がたたず。


朝からどこでご飯を食べるか、初日からどうしよう。

と、決めたお店が「ポール」

ここはお気に入りで毎朝通ったパン屋兼カフェ。

会社に行く前に朝食をとる人たちで朝から混んでいました。

メニューは

???????

頼んでみると

カフェ、ヨーグルト、オレンジジュースと2種類のナッツ、レーズンのパン

とってもパンが美味しかったですよ。

周りを見ると、パリの人たちは朝からちょっと甘めのパンをいただくようです。
(う〜ん、実はかなり甘いそう!!)



これはルーブル美術館の近くで昼食

あらら、お昼からワインです。

が、周りの人たちも必ずと言っていいくらいワインをチョイスします。

上のスープはお魚系のスープで不思議な触感。

これは、ラズベリーバターソースのステーキです。

なかなか美味でした。

デザートはメニューをみてもよくわからず、ウエーターのかたが英語で説明。

出てきたのが

アイスクリームにのった、でっか〜い甘甘プルーン!!

残念なことに完食できず。

今思い出しても、完食できない甘さを思い出します。


ホテルの近くのスーパーに寄って

私の大好きなベリー系を見てみると
 
美味しそうでしょ。

こんな不思議なベリーが!!


買って食べてみると

これって、生で食べていいのですか?って感じでした。アセアセ

きっと熱を加えて調理するのでは・・・と密かに・・・焦りました。


フランス料理ももうそろそろ飽きてきて・・・・

まだ、食べていないだろう!!とご指摘がありそうですが・・・・

夕飯は懐かしい味に決めました。

ジャーン

プププ・・・・・

さすがに前菜などはありません!!

日本のように小さいバーガーはありません。

でも、この味が懐かしく思う私は、何者??


では、フランスといえば、「ショコラ」「マカロン」が有名。

私はマカロンが嫌いなのですが


有名な「PIERR  HERME」のマカロンはすっごーーーーく 美味しい!!

とってもいろんな味があって、

一つのマカロンに二つの味が微妙に混ざり合ってすっごく美味しいのなんのって。

ですから、ひとつのお値段もびっくりしちゃいます!!

ここのパティシエは、パティシエ界のピカソと呼ばれているそうです。



ショコラで有名なのが

「LADUREE」

朝食を一度ここでとりました。

(奥がショコラのお店)

たったこれだけなのに・・・・・・

たったこれだけなのに・・・・・・

2000円ぐらいしました・・・・・2000円!!!!!

ショコラもびっくりするぐらいのお値段だった!!

主婦ですからね〜、お値段には敏感です。

ここですごい疑問の答えを見るとは。

何をって?

ここで朝食をとっていたアラブ系の女性4、5人がいたんですよね。

そしてあの黒い「ブルカ」を着用してました。

どのようにお茶を飲むのか・・・・・疑問があったわけです。

な〜んと、な〜んと、首の下ぐらいに切り替えがあって、

そこからお口に運ぶことができるわけです。

もう納得、納得!!

とっても、御目目が綺麗な女性たちでした。




さてさて、オルセー美術館で昼食

今日のお勧めランチって感じのものを。
(なんせ、フランス語)

もう、すっごく美味しかった!!!

デザートは

大きすぎて、完食できず。

これは

ベルサイユ宮殿の中の御庭のお店で食べた野菜がぎっちり入っているパンっぽいもの。

夜、英語が通じないカジュアルレストランで食事






創作料理っぽい感じのところだったけど、

とっても美味しかった!!

注文しすぎて(量が多くて)、デザートまで食べられない感じだったので断念。




「ギャラリー・ラファイエット」というデパートで昼食


なんだこりゃ?????

バイキング形式なんだけど、一皿いくらの形式。

ここで食意地がわかるってもんだわね。

一皿にてんこ盛り。

意外に好きな味がいっぱいあって幸せを噛みしめる。


とにかくパリにはカフェがいっぱい。

いっぱい飲みました。カプチーノを。

飲みたくないけど、トイレに行きたい時もカフェに入ってました。

トイレは有料か、カプセル式のトイレといってもなかなか見つからない。

駅などにはトイレはありません。


お昼どうしようかと考えていた時

ホテルの前のレストランが混んでいて、さぞかし美味しいものが。

入ってみると、まったくメニューがわからない。

隣にいた台湾人と話すことになり、このステーキみたいなものは?と聞いてると

前を通っていった生肉のミンチっぽいのがそうだ!と。ぎえー!!

パリの出張の時はよくここにくるというので、お勧めのものは?と聞くと

蟹のマヨネーズなんとかかんとか、というので注文すると

これ!!

ほとんど、蟹のみそをいただくという感じです。

これがお昼ご飯です。

お腹すいたーーーーーー!!!


意外に自分の食べたいものが出てこない!!

最後の日はやはりフランス料理!といっても、

正式なのは緊張して嫌だということで

日本人シェフのお店でいただきました。

日本語だあーーーー。

メニューがわかる!!!



パンプキンスープ

前菜? フォアグラのステーキ

こんな大きなフォアグラ!!みたことがありません。

はい、食べたことがないです。

すっごく美味しかったですよー。

カタツムリではありません!

エスカルゴ!


お口がとろけそうなステーキでした。


あまり甘くなくて、さっぱりしたデザート

カプチーノ

に、ついてきたお菓子


もう、お腹がいっぱい。

軽いコースを選んで良かったーーー。


帰りの空港で食べたスィーツ



さてさて、私が今回の旅行でスーパーでよく買って飲んだお気に入りの飲み物は

これ!

日本に持ち帰りたいほど、大好き!!


フランス人の朝食はいたってシンプルです。

そしてカフェでゆっくりお茶をして

夜は気軽なレストランでゆっくり食事をして・・・

思うのは、いつの時もメインデッシュがお喋りのような気がします。

本当によく喋ります。。。

心の豊かさを感じました。


今回は本当によく食べました、飲みました。

どれもこれも美味しかった!!

でもね、やはり日本食が・・・。

あーーーー、ご飯が食べたい!!
posted by: lovedog | パリ | 21:20 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |